知らなきゃ怖い!メルミー葉酸サプリに危険な副作用を起こす成分が!?

いつでも解約できる定期購入なら
初回55%OFF・送料無料とお得!

メルミー葉酸サプリは、香料・着色料・保存料が使われていない無添加の妊活サプリメントです。

でも、全成分にはどんな原材料が使われていて、危険な副作用を起こす成分は含まれていないのか心配になりますよね?

そこでここでは、メルミー葉酸サプリの全成分を解析して危険な副作用はないか?本当に余計な添加物はないか?を調べてみました!

メルミー葉酸サプリに危険な副作用はないか全成分を解析してみました

亜鉛含有酵母
DNAの合成や成長ホルモンの生成、全身の新陳代謝などに働き、胎児や乳児の発育には欠かせません。また、精子には亜鉛は多く存在し、生殖機能の改善にも期待できます。
過剰摂取すると吐き気、免疫障害、下痢などの症状を起こします。
ナイアシンアミド含有酵母
ナイアシンアミドはビタミンB3とも呼ばれ、糖質、脂質、タンパク質の代謝、エネルギー産生に関わっています。他にもDNAの修復や合成などにも働くので、妊活に摂取したい成分の1つです。
過剰摂取すると消化不良、下痢、便秘、肝機能低下などの症状を起こします。
ビタミンE含有植物油
抗酸化作用が強く、身体が酸化するのを防ぐ働きがあります。そのため、生活習慣病や老化に関する疾患を予防します。
過剰摂取すると出血傾向になる恐れがあります。
銅含有酵母
主に赤血球中のヘモグロビンをつくるための鉄を体中に運ぶ役割をします。
過剰摂取すると肝障害などに障害が出る危険があります。
セレン含有酵母
活性酸素を抑えるビタミンCの再生を促す働きをし、身体の老化を抑えます。
過剰摂取すると爪の変形、脱毛、胃腸障害、下痢、疲労、神経障害、肌荒れなどを起こします。
パン酵母抽出物
酵母の成分には、タンパク質、必須アミノ酸、ビタミンB、ミネラルなど豊富な栄養素が含まれています。特に副作用の心配もありません。
乳酸菌粉末(殺菌)
ご存知、乳酸菌です。特に副作用の心配はありません。
妊娠するとホルモンの影響から腸の動きが鈍くなったり、あまり体を動かさなくなったりすることで便秘になりやすいので、実はけっこう重要な成分だったりします。
DHA含有生成魚油粉末(乳成分を含む)
脳など神経系に多く存在する栄養素で、子供の神経の発達にとても大切な成分です。
過剰摂取すると血液がサラサラになり過ぎて血が止まりにくくなると言われています。また、乳成分を含むのでアレルギーの人は注意しましょう。
貝Ca
カルシウムのことですね。赤ちゃんの正常な成長を促すためにはとっても必要な成分になります。
過剰摂取すると尿路結石、他の無機質の吸収抑制、便秘などを起こす場合があります。
L-アスコルビン酸2−グルコシド
酸化しやすいアスコルビン酸(ビタミンC)にグルコース(糖)を結合させた水溶性ビタミンC誘導体のことです。これにより熱や光、酸化に強くしています。
強い抗酸化作用による老化防止、骨などの材料となるコラーゲンの生成など重要な働きをしています。
また、過剰摂取による副作用の報告も特にありません。
酸化マグネシウム
便秘薬としてよく使われている成分です。
市販薬での副作用報告はありませんが、腎障害のある方はマグネシウムを尿から十分に排泄できないので、呼吸抑制、意識障害、不整脈などの副作用を起こす場合があります。
セルロース
植物の細胞壁や植物繊維からつくられた成分で、安全性の高い成分と言われています。
ヘム鉄(豚由来)
動物性食品に多く含まれる鉄分のことです。
過剰摂取することで便秘、胃部不快感などの副作用が報告されています。また、豚肉を含むのでアレルギーの人は注意しましょう。
ピロリン酸鉄
非ヘム鉄に分類される鉄分で、ヘム鉄よりも鉄分の含有量が高いのが特徴です。
また、ヘム鉄同様に過剰摂取は良くありません。
HPC
カプセルの形成に使われる添加物で、体内では消化・吸収されない安全な成分と言われています。
ステアリン酸Ca
粒に滑らかさを与えるために配合されている添加物です。
食品添加物として昔から使用されていて、副作用の報告もなく安全性の高い成分と言われています。
酸化ケイ素
ガラスの原料などになる鉱物の一種で、サプリを形成するために使われる添加物です。
体内では消化・吸収されないので安全性の高い成分と言われています。
パントテン酸Ca
ビタミンB5とも呼び、脂質や糖質の代謝などに重要な働きをしています。ホルモンの産生にも関与しているので、妊活のために摂りたい成分です。
過剰摂取しても副作用を起こすことはありません。
セラック
樹脂状の物質でサプリを形成するために使われる添加物です。
天然成分で副作用などの心配はないようです。
VB1
糖質からのエネルギー産生、皮膚や粘膜の健康維持、脳神経系の正常な働きなどに働きます。
過剰摂取すると頭痛、イライラ、皮ふの痒みなどの副作用が報告されています。
VB2
皮膚や粘膜の健康維持、糖質・脂質・たんぱく質からのエネルギー産生などの働きます。
過剰摂取しても体外へ排出されるので副作用の心配はありません。
VB6
腸内細菌によって体内でも作られている成分で、たんぱく質からエネルギー産生などの働きをします。
過剰摂取することによる感覚神経への障害が報告されています。
塩化K
サプリを形成するために使われる添加物です。
苦みが強いため過剰摂取する可能性は低いですが、その場合、嘔吐、下痢、腹痛などを引き起こします。
葉酸
妊娠初期に必要量を摂取しておくと、胎児が神経管の発育不全になるリスクを減らす働きがあります。他にもDNAなどの核酸を合成するなどの重要な働きをします。
過剰摂取すると神経障害、発熱、じんましんなどの副作用を起こす場合があります。
β-カロテン
抗酸化作用があり、免疫を強化するなどの働きがあります。
過剰摂取してもβ-カロテンは必要に応じてビタミンAに変化するので副作用の心配はないようです。
ビオチン
皮膚や粘膜の健康維持などに関わっているビタミンです。
過剰摂取しても尿として排出されるので副作用の心配はありません。
VB12
葉酸とと共にヘモグロビン生成を助けたり、脳の神経を正常に保つ働きをします。
過剰摂取しても必要以上は吸収されないので副作用の心配はありません。
VD
カルシウムとリンの吸収を促進し、丈夫な骨をつくる働きをします。
過剰摂取すると高カルシウム血症、腎障害、軟組織の石灰化などの副作用を起こす可能性があります。

成分解析をしてみた結果、メルミー葉酸サプリには危険な副作用を引き起こすような成分は含まれていませんでした。

また、サプリメント形成の用途でいくつかの添加物は使われていましたが、身体に害のあるものは使われていませんでした。

過剰摂取すると危険な症状を起こす成分も含まれていますが、普通に飲んでいる分には問題ありません。

ただし、乳成分と豚肉が成分に含まれているのでアレルギーの人は注意してくださいね。

メルミー葉酸サプリの口コミから副作用の事例がないか調べてみました

メルミー葉酸サプリの口コミを調べてみましたが、「副作用が出た」といった内容のものは見つけられませんでした。

成分から見ても副作用の心配はなさそうなので、1日の摂取量を守って正しく飲んでいれば心配はなさそうですね。

いつでも解約できる定期購入なら
初回55%OFF・送料無料とお得!

こちらの記事もおすすめです!

当サイトへようこそ!
はじめまして、サイト管理人のうーたんママです。メルミー葉酸サプリの気になる口コミを徹底リサーチ!メルミーは「妊活に効果が凄い!」「おすすめできる!」とクチコミで評判って本当なの!?メルミーの購入を検討している方は読んでください!
更新情報
Copyright (C) メルミー葉酸サプリは口コミで「妊活に効果が凄い!」と評判らしい!?. All Rights Reserved.